おりものとは、子宮頸管から出ている粘液や膣の分泌物がまじり合ったもので、膣内の保湿を行い、雑菌による子宮への侵入を防ぐ効果があり、この働きによって膣を自浄作用することが出来るので、女性の体を保護するためには必要不可欠な働きだと言われています。
おりものが分泌される量は人によって個体差があると言われていますが、一般的に排卵期に一番量が増えやすくなる傾向にあります。
特に20~30歳代になると、女性ホルモンの分泌がピークを迎えて一番分泌量が増えやすくなり、それ以降は閉経後まで量が安定するようになります。

通常おりものの色は乳白色をしている事が多いのですが、体のコンディションや女性ホルモンの働きによって大きく変化を起こしやすくなり、おりものの色や形状、臭いで体の状態が正常か判断しやすくなりますし、性病や子宮がん、ポリープなどの病気を初期段階で見つけることが出来る可能性が高くなるのです。

体が健康な状態だと、おりものは無色透明~乳白色をしており、下着が濡れるくらいの量であっても特に問題はないと言われています。
体から分泌される事から生臭くてやや酸っぱい臭いがあり、体臭と同じように人によって臭いの差はあると言われています。

ただ外陰部にかゆみを感じ、白くて酒かすのようにポロポロとしたおりものは膣カンジダ症の可能性がありますし、悪臭が強く黄色、もしくは黄緑色に近いおりものの場合、膣トリコモナス症の疑いがあり、腰痛や下腹部の痛み、発熱の症状がでていて、ヨーグルト状で膿のような状態は淋菌感染症などおりものの色や臭いを参考に病気の疑いをきちんと判断することが、性病や子宮がんなどから体を守るためにもとても重要になってきます。

乳白色のおりものの中に血が混じっているという場合は、排卵時の出血の可能性がありますが完全に赤褐色、茶褐色や赤のおりものの状態の場合子宮頸管ポリープや子宮頸がんなどの重病化する病気の可能性がありますので、異変を感じたら婦人科に相談する必要があります。

性病ではない可能性もあるので注意が必要!

おりものの状態がヨーグルト状や酒かす状など、普段とは大きく違った状態の場合性病を疑う必要がありますし、性病以外にもおりものに血が混じっているとびっくりして婦人科に駆け込んでしまう方も少なくありませんが、普段から正常に生理が来ている方などはホルモンバランスの関係によっておりものが黄色く変色したり、血がまじりやすくなる事も珍しくないので、すぐに性病と判断せずに体の状態をきちんとチェックすることが大切になります。

まず健康な状態でも、月経直後~卵胞期はおりものに血が混ざりやすくなるため褐色色の状態になり、粘度も少なくサラッとしています。
排卵期は量が最も増えやすくなり、透明なゼリー状で臭いが殆どないのが特徴です。

黄体期になると水分量が劇的に減り、白濁して粘り気のある状態になり、下着に付着すると黄色く変色して見えやすくなります。
月経前に近づくと白濁して臭いが強くなるなど、体のホルモンバランスによっておりものの状態が大きく変化することを把握できていれば、前回の生理期間から計算して、おりものの状態が正常か判断もしやすくなりますし、あきらかに自分の体に異変が起こっているのかわかりやすくなるため、婦人科に相談する前に生理週間を見直すことをおすすめします。

またおりものにはタンパク質が含まれているため、そのまま放置してしまうと臭いが強くなる恐れがありますので、下着を汚さないようにパンティーライナーを装着することがおすすめです。
最近では汚れたら簡単に剥がして新しい面にすることが出来るタイプも販売されていたり、臭いを発散させにくいデオドラントタイプのパンティーライナーもあるので、デリケートゾーンの臭い対策もしっかり行うことが出来ます。