カンジダは人の身体についている常在菌です。
女性の膣内にもカンジダが住み着いている人も多く、通常は膣内を乳酸菌などの善玉菌の働きによってカンジダが繁殖しにくい環境が整っていますが、ストレスや疲労などの影響で免疫力が低下してしまったり、女性ホルモンの乱れによる影響によりカンジダが増えて感染しやすくなってしまいます。

カンジダに感染してしまった場合には膣内洗浄を毎日病院で受けたり、薬の塗布などを行って治療を行います。
日和見感染なので、免疫力が向上したり抵抗力がしっかりついて体調が整えば、自然に治癒することも多くあります。
ですが、症状がひどく腫れや痒みで辛い場合には病院を受診して適切な治療を受けるほうがいいでしょう。

カンジダの症状としては、外陰部や膣の痒み、白い酒粕やカッテージチーズのようなおりものが増える、外陰部の腫れや炎症、性行為をする際の痛みなどが主に挙げられます。
生理前も女性ホルモンのバランスが乱れるため発症しやすく、生理前からナプキンを使用する人はナプキンをこまめに変えたり、免疫力のつく食事を心掛けたり睡眠をたっぷりとるようにしましょう。

これまで全く発症したことがなかったという人の場合でも、妊娠を機に発症したという人も少なくありません。
というのも、妊婦はつわりで栄養状態が悪くなる時期がありますし、体力も免疫力も低下しています。
また、体温が上がりやすく汗もかきやすいという環境は、まさにカンジダを発症させてしまう環境になっています。

カンジダがお腹の中にいる胎児に直接の影響を与えることはありませんが、妊婦は出産までに治療して完治させておく方が望ましいです。
というのも、胎児を出産する際に膣カンジダに罹っている産道を通って出産となるわけですから、胎児も出産の際にカンジダに罹ってしまう可能性が高くなってしまうためです。
直接命に関わるような症状ではありませんが、それでも皮膚炎や舌にカビが生えてしまうといった影響を及ぼしてしまいます。

胎児に対して行うべきカンジダ症の対策とは

女性ホルモンのバランスが急激に変化する影響を受けるため、妊娠中は膣内がカンジダの好むアルカリ性に大きく傾きやすい状態になっています。
そのため妊婦はカンジダを発症しやすいですし、治療して治したとしても再発しやすいので根治は難しいです。

ですが、諦めずに治療をしておかなければ出産の際に産道を胎児が通過する際に感染してしまって、鵞口瘡といった赤ちゃんの口の中の舌に白い苔のようなカビが発生してしまったり、カンジダ皮膚炎となりおむつかぶれを引き起こしてしまう可能性が高くなるのです。

もちろんカンジダ膣炎に感染しているから必ず出産の際に赤ちゃんに感染するというわけでもありませんし、万が一胎児が鵞口瘡やカンジダ皮膚炎に感染してしまったとしても、命に関わるような病気ではないので、病院から処方された薬で治すことができます。
なので焦る必要はないですが、できれば生まれたての赤ちゃんの痛々しいおむつかぶれや薬の処置はみたくないですし、何事もなくこの世に迎えてあげたいものです。

妊婦が胎児に対して行うべきカンジダ症の対策として、女性ホルモンのバランスに関しては自分でどうこうすることはできませんが、カンジダ症を発症する原因としてストレスや疲労の影響により免疫力が低下してしまいカンジダを発症しやすくなってしまいます。
なので、できるだけストレスや疲労をためずに、免疫力をアップさせるようにすることが望ましいです。

免疫力をアップさせる方法は、できるだけ規則正しい生活を行い、栄養バランスのとれた食事を摂るようにしましょう。
しっかり睡眠をとることで免疫力を高めることができます。
そして、妊娠中は締め付けるような下着を付けず、通気性のよい下着をつけること、清潔に保つことでカンジダが繁殖しやすい環境を作らないことがおすすめです。