カンジダというのは、カビの一種でありその多くは人の体内に存在していることが多い菌です。
人によっては症状が出ない場合もありますが、体調が悪化するなどして免疫力が低下すればさまざまな症状が出ますし、またカンジダは濃密な接触によって感染することもあり、性病(STD)のひとつに例えられます。

ただカンジダは身体が健康であれば症状が発生しないことも多く、感染後に風邪や疲労、ストレスなどによって身体の免疫力が失われてはじめて症状が発生します。
このため症状がない場合にもカンジダに感染している可能性があります。
このためもし自身またはパートナーに症状が現れた場合には病院で検査を受けて治療することが重要です。
ただ現実的には病気とした扱われるカンジダ症はカンジダに感染しその症状が出ていることではじめて認められるものになります。

カンジダ症の症状としては男性の場合には、亀頭のかゆみやただれ、亀頭が赤くなり小さいカスが出る、亀頭に小さな水疱がでる、また尿道炎を起こすといったものです。
体調不良のほか包茎や糖尿病、ステロイド剤の投与などで発症する場合があります。
一方で女性は膣と外陰部のかゆみ、生理時にヨーグルト状のおりものの増加、性器の炎症、性交痛、排尿障害などがあります。
症状は体調不良で起こりやすくステロイド剤、抗生物質の濫用、妊娠などで症状が出ます。

共通しているのはデリケートゾーンで発症すること、症状が免疫力の低下によって現れやすいということのほか、高温多湿になる環境で発症しやすいということがあります。
これはカンジダがカビ菌の一種であり、ある程度の湿気がないと繁殖できないためです。
このため男性でも包茎ではない人は症状が出にくいとされます。

一方で治療にはイミダゾール系抗真菌剤の膣錠、軟膏などを使用してガンジダを殺菌するといった方法で行われます。
治療期間は女性の場合には一般に連続通院して膣洗浄などを行い膣錠を使用します。
また男性の場合には軟膏を症状が現れた場所に塗布します。

市販薬の使用には説明書をしっかりと読もう

カンジダ症の治療はクリニックで行うのがもっとも効果的ですが、クリニックに通うのが嫌な場合には市販薬を利用するの手段です。
そもそもカンジダは普遍的に存在するカビ菌ですので、濃密な接触以外にも感染する可能性がありますし、症状も重度なものから軽度なものまでさまざまです。
このためカンジダ症に効果のある市販薬も販売されています。

代表的なのがデリケートゾーンのかゆみやかぶれを鎮めてくれるフェミニーナです。
フェミニーナは軟膏と膣錠の2種類があり、フェミニーナ軟膏の場合には、かゆみを抑える成分のリドカインとジフェンヒドラミン塩酸塩が含まれ、殺菌成分としてイソプロピルメチルフェノール、代謝を高めるトコフェロール酢酸エステルが含まれています。
一方で膣錠であるフェミニーナ膣カンジダ錠には有効成分のオキシコナゾール硝酸塩が配合されています。

このさいに注意しなければならないのが軟膏は第二類医薬品で誰でも購入が可能ですが、膣錠は第一類医薬品であり薬剤師に相談し、また以前に膣カンジダ症になりクリニックで治療を受けたことのある人に限ります。
このため軟膏はあくまでもかゆみを止めて、殺菌によって症状を緩和するのが目的になります。

また膣錠は第一類医薬品ですので薬剤師の説明や説明書そのものをしっかりと読む必要があります。
特に膣錠は挿入にコツが要るので説明書をよく読む必要があります。

なお、カンジダ症以外でも生理でおりものの増加するケースがあります。
このさいにカンジダ症だと思って軟膏で治療しても、原因がそうではない場合に返って悪化させることになります。
カンジダ症ではおりものに悪臭や生臭さを感じることがないので、もしそのような臭いがする場合には、クリニックで診察を受け治療する必要があります。