性器カンジダ症はカビの一種であるカンジダ菌が原因で引き起こされます。
この原因だけを聞くと、カンジダ菌を一掃すれば問題はないのではと思われる人もいるかもしれませんが、実は性器カンジダ症の場合にはそれが難しくなってきます。

というのも、カンジダ菌は本来、膣や皮膚の中に常に存在している菌です。
常在菌であるため、体の中からすべてを取り除くことが難しく、そのため、何度も再発を繰り返すリスクが高まります。

そもそも、性器カンジダ症は、カンジダ菌が体の中に存在しているだけでは発症しません。
風邪や乱れた生活習慣によって体の免疫力が低下していきます。
その際、カンジダ菌が増殖を繰り返すことで悪さを起こし、カンジダ症を発症することになるわけです。

性器カンジダ症は医療機関で治療をすれば十分治すことが出来ます。
ただ、この際の治療が不十分であったり、あるいは免疫力が低下している状態が長く続けば再発を繰り返すこともあります。
どんなに治療でカンジダ菌の数を減らしても、菌が増殖する環境が体の中で整っていれば再発は何度も繰り返されることになります。

特に注意が必要になってくるのが女性の性器カンジダ症です。
女性の場合、膣内にカンジダ菌が常在していますし、生理前後のホルモン分泌によって、膣内はカンジダ菌が増殖しやすい酸性の状態が続きます。
それだけでも発症のリスクが高まるのにも関わらず、生理中であればナプキンなどの蒸れ、かぶれによってそのリスクが助長されます。

もちろん、女性に限ったことではなく、体調を崩しやすい時期であればこうしたカンジダ菌の増殖も起こりえます。
ただ、この時期の生活習慣や睡眠時間、ストレス発散についてはしっかり配慮していくことが大切です。

一見関係ないようではありますが。
体調だけでなく、仕事や私生活でのストレスが免疫力にも影響していることがあります。
細かいようですが、常日頃から適度なストレス発散を心がけること、体調を整えていくことがポイントになってきます。

生活習慣を見直しが大切!再発を防止しよう!

先にも挙げたように、菌の増殖や再発を防止するためには常日頃から体調に気を遣っておく必要があります。
例えば、風邪をひかないように食生活や体調管理を徹底するといったケースです。

特に食事には注意が必要で、血糖値の高い人であればその状態が続くことで免疫力を低下させてしまうことがあります。
血糖値の数値を気にしながら、必要に応じて糖質カットの食品を取り入れるようにすれば、幾分そのリスクも軽減できます。

また、女性の場合であればおりものや経血の処理についても注意しておくべきです。
先にも挙げたように女性の場合にはデリケートゾーンが蒸れることによって、カンジダ菌が増殖しやすい環境を作ってしまうことになります。
デリケートゾーンが蒸れることがないように、ナプキンはこまめにかえること、そしてウォシュレットなどを使って患部をできるだけ清潔に保つようします。

体調管理はもちろんですが、こうした細かな気遣いが再発を防ぐための工夫となります。
そして、押さえておきたいのが、こうした性器カンジダ症を発症したときのセックスについてです。
カンジダ菌は常在菌なのだからセックスをしても支障はないという人もいますが、これは非常に危険な考えです。

ただでさえカンジダ菌が増殖して体自体が弱っているタイミングです。
変に体に負担をかけるくらいなら最初からセックス自体を避けるに越したことはありません。
そして、パートナーへの感染拡大を防ぐためにも、そしてパートナーとの信頼関係を崩さないためにも、この点だけはしっかり押さえておくことをおすすめします。

カンジダ菌が増殖した状態でセックスがあれば必然的にパートナーへの感染リスクが倍増します。
セックスをしたから必ず感染するというわけではありませんが注意しておくに越したことはありません。