男性の多くが性的な興味があるため、性欲を処理するためにソープランド・ヘルス店やピンクサロン・ハプニングバーなどの風俗店に通う方も多いです。
こうした多くの風俗店では、お金さえ払ってくれれば不特定多数のお客さんに性的なサービスを実施するため、そこで働いているサービス嬢に対して医療機関などで性病検査を義務付けている店舗も存在します。

しかし毎日、お客さんと絡むことが多いため、性病検査した時は異常がなかったとしても、それ以降に相手したお客さんが性病の保菌者の可能性もあります。
しかも毎日、検査するわけではなく、検査してからも時間が経過することも多いため、その間に不特定多数のお客さんと絡めば当然、性病に感染するリスクは存在します。
その風俗店の事業者の方針やサービス嬢の意識なども影響してくるため、徹底管理ができるかと言えば怪しい可能性も否定できません。

そのため、ソープランドやヘルス店、ハプニングバーなどの風俗に行って必ずしも絶対に性病にかかっていないということは保証できないため、お客さん側としても医療機関に赴いて性病の検査を行った方が良いです。
風俗のサービスとして多いのは、口を使ったフェラやオーラルセックスが一般的で、必ず大体は行われることが多いサービスとなります。

体液同士が触れる場合にはHIVの感染やクラミジアなどに感染する可能性もあり、そのためHIVやクラミジアに対応した検査を行うことが必須です。
性病の検査を扱っている医療機関は泌尿器科で、オーラルセックスやフェラのサービスを受けた場合には必ず医療機関の泌尿器科に行き、性病の検査を行って貰うことはポイントとなります。

性病の大きな特徴としては、風俗に数回行っただけなのに知らず知らずに感染してしまい、発症もしないで放置していたら、後で恋人や結婚相手といったパートナーにまで感染させてしまったケースです。
従って後で性病にかかってしまったのを判明しない様に、風俗に行ったら必ず直後に検査を受けることで大事な人を守ることもできるため、そのタイミングで医療機関で検査を受けることがカギを握ります。

ハプニングバーなどの不特定多数との性交は控えるべき

新手の風俗としてハプニングバーが人気で、例えば性的な趣味を持った男女が集まり乱交できる店舗があります。
カップルが参加したり、女性が女王様気分を味わいたかったりなどで、不特定多数の素人の方と交わる可能性が高いです。

そこではオーラルセックスやフェラは当然、また生でのペニスの挿入が行われたり、性欲を満たすためあらゆる過激なサービスが行われています。
こうしたハプニングバーは、一度参加すると意外と非日常的な性的体験ができるとして面白くなり、何度も参加するといった流れになります。

元々、男女がハプニングバーに参加すること自体が性に関して開放的な方となるため、性欲を満たすため不特定多数の方とセックスしていることも多くなります。
もちろんこうした不特定多数の方と関係を持った方が参加されると、HIVやクラミジアにかかっている可能性もあるため、一般的な風俗店よりも感染する割合が高くなりがちです。

しかも参加者が性病とは無縁の一般的な素人の方が多いので、風俗で働いている方より性病に対する
意識が薄い可能性があります。
従ってハプニングバーなどの参加は慎んだりすることは必要となり、必ず参加しても性的な行為をしないことが重要です。
もし万が一、参加してオーラルセックスやフェラ、セックスをしてしまった場合、必ず医療機関の泌尿器科へ行って性病検査を受けた方が良いです。

性病の検査を受けることは恥ずかしいという意見も存在しますが、その性病にかかった場合の失うものも大きいため、早めに明らかにしておくべきだと言えます。
費用もそれほどかからず、その結果も短期間で解るのも特徴的です。

結論として、性病の問題が発生しますので、ハプニングバーや他の風俗で不特定多数との性交をするのは控えた方が一番、悩まないで済みます。